よくある質問

よくある質問

キャンドルは危険ですか?

キャンドルは十分な管理が必要ですが、正しくご使用いただければ危険ではありません。
ご使用方法は、商品の注意書きや当サイトの「使用方法」をご覧ください。

火を点けなくても香りはしますか?

もちろんします。トイレや玄関など、火を灯しながらそばにいられない場所には、そのまま置いてもOKです。ただ、燃やすとエッセンシャルオイルが温められ、香りはもっと広がります。

どうして黒い煙が出るのでしょうか?

芯が長すぎるようです。芯が長くなると炎が大きくなり過ぎて、芯の先端まで十分なロウが登り切れず、ロウを含まない先端部分が燃える為、煤(すす)が出てしまうのが原因です。一度火を消して、はさみなどで芯を5-6mmにカットしましょう。

キャンドルの下にホルダーやベースを使う必要がありますか?

不燃性のホルダーや受け皿をお使いいただくことをお勧めします。特に、残りが少なくなったキャンドルはグラスや缶などの容器が熱くなりますので、必ず不燃性の受け皿の上でご使用ください。

キャンドルを置いておいたら、家具にシミができてしまいました。どうしてですか?

キャンドルの種類によっては、エッセンシャルオイルやロウが汗をかいて染み出し、家具にシミができることがあります。特に高温になる場所ではシミができやすいので、大事な家具や、汚れが気になる物の上にはキャンドルを直接置かず、ホルダーやお皿などの上に置きましょう。

キャンドルの保管はどうしたらいいですか?

キャンドルの種類によっては、エッセンシャルオイルやロウが汗をかいて染み出し、家具にシミができることがあります。特に高温になる場所ではシミができやすいので、大事な家具や布製品などの上に直接キャンドルを置くことは避けましょう。

どうして真ん中だけ深く溶けて、周りが厚く残ってしまうのでしょうか?

直径に見合った十分な時間燃やさず、短い時間だけ燃やして消してしまうのを繰り返すと、ロウが溶け広がらず周りが厚い壁のように残ってしまいます。こうなるとキャンドルを上手に使い切ることができません。かならずキャンドルの淵まで溶ける様に、特に初回は十分な時間燃やしましょう。

※燃やす時間が長過ぎるとロウがこぼれてしまうので、キャンドルの様子を見ながら注意して燃やしてください。

使用中にピラーキャンドルの淵が薄い壁のように高くなってしまいましたが、どうしたらよいでしょうか?

炎の熱が届かずに薄く残ってしまった壁は、ロウが熱せられて柔らかい内に手のひらで包み込むように、ギュッギュッと優しく内側へ押し込みます。すると、押し込まれた壁の部分にも熱が伝わり溶ける様になります。

ピラーキャンドルのロウがこぼれそうになったらどうしたらいいでしょうか?

すぐに火を消して固まってからまた火をつけ直します。または、周りの壁を下や内側へ押し込み、壁を厚く補強する事でもこぼれが防げます。

一晩中キャンドルを燃やしても大丈夫ですか?

キャンドルは長時間燃やし続けると、芯が長くなり炎も大きくなります。
安全のために、就寝前には必ずキャンドルの消火を確認してください。

火を消した時の煙を抑えるにはどうしたらいいですか?

キャンドルを吹き消すと白い煙が出ると共に、ロウが周りに飛び散る危険もあります。
ツールやピンセット等を使い、芯を溶けたロウの中に倒して消すと煙を出さずに火を消すことができます。芯がロウでコーティングされ、再点火もしやすくなります。消した後は必ずすぐ芯をまっすぐに起こしてください。

キャンドルの一方だけが大きく溶けてしまいました。

キャンドルは燃やしていくうちに芯の周りがどんどん溶け、芯が傾きやすくなります。
芯が斜めになると、キャンドルの一方だけが強く熱せられ大きく溶ける原因となります。 ツールやピンセット等を使い、芯を中心にまっすぐ保つようにしてください。

キャンドルにホコリが付いてしまったのですが。

キャンドルにホコリが付着したまま点火してしまうと、異常燃焼に繋がることがあります。 ホコリはご使用前に必ず乾拭きしきれいに取り除いてから点火してください。

ここにない質問やキャンドルについてのコメントなどがございましたら、
お問い合わせページよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ